2010/04/26

029:無理はいけません

ギックリ腰の兆候をごまかしてた先日のお話

ある週末金曜夜
アトリエ外でバイクを右側から引きずったら砂利に足をとられ転倒

右手ハンドル、左手リアキャリアから手を離せぬまま尻と背中を強打
倒れたCRMはオレの上

左足が挟まって抜けず


周囲には誰もいない
数十メートル先に知り合いのトコの明かりが見えたが
コンプレッサー全開なんで叫んでもムダ(レシプロうるさいの)

帰るとこだったんで普段着
キャブからオーバーフローしたガソリンが挟まった左足を濡らす


上半身起こしてバイクを持ち上げようとしたら
支点が右ステップでオレの足の上

さすがに声が出たが無理矢理バイクを持ち上げずらし足を抜く
スゴイ長い時間に感じられたがホントはどのくらいだったか


軽めのバイクで助かった
重量車じゃまず引きずらないとも思うけど

山の中とかで人が通るまで・・・、なんて考えたら恐怖



自宅に戻ってからも洗濯と消臭が大変だったのは言うまでもなく

「絶対明日蒙古斑だこりゃ」とか思ってたがアザはできず
座り方によって激痛が走り、声にならない声でうめく

それでも自転車乗ったりバイクで出かけたり花見やったり
体重のかかり方の問題なのか比較的普通に過ごせてた




・・・・・・・

しかし
痛みのレベルがサッパリ変化無いんで
とりあえず診断を、と病院に行ったのは週明け火曜

整形外科にキックでしかエンジンかけられないオフ車で行って
予診表に「腰痛」って書くのも微妙

おまけに一番痛いのは尻


・・・先生触診
横になってるからか力の入り方が違うのか全然痛み無し
コチラも「スイマセン、痛くないです」とかアホ返答

先生も苦笑


その後レントゲン見ながら先生曰く
「尾骨が折れてるようですね」
多少曲がり気味のヒトはいるらしいのだが曲がりすぎとか

(レントゲン写真自粛)

「無理はしないで下さい」

特に何をするわけでもなく曲がったままくっついて構わないと
でも不要な場所でもちょっとなんだなぁって感じ
折れてるんなら触ればプラプラしてそうなもんだがコレもよくわからず
完治までは2ヶ月らしいがいつ頃くっつくのかしら



結局座る場所(角度)に気を付けて生活してるものの
腰の痛みもなんだかぶり返したのか(かばってるから余計?)
下半身ドコが痛いのかよくわからない現在

腰を曲げて咳をすると尻が痛いという貴重な体験中

支点になったステップのトコは内出血か打ち身かでポコってなってる(押すと痛い)




今後を考えて過日装着してたハンドルガードが守ったモノ

ブレーキレバー

素直に左側に回って押せばよかった
ささくれたガードはペーパーでこすってタッチアップ


ブログネタ・・・、と思ったのは事実ですが皆様もお気をつけくださいませ・・・

0 件のコメント: