2011/10/25

071:ヒビ割れ

樹脂は衝撃や経年劣化なんかでクモの巣状にヒビ割れが入ったりすることが多い
特にゲルコートね

直すの大変
全部削りとったほうが早いハズ
塗装してもごまかしきれないし
基本的には諦めるか買い替えをお勧めしたいところ

とはいえ修理も請け負ってます
始めていくとえらく広範囲になるのが常だけど作業者の気力(とお金)があれば解決は可能


でもね






治すのが大変なヒビ割れがアカギレ


この仕事アセトンやシンナーなどの溶剤は必需品

ガンや刷毛の洗浄から脱脂、塗料の剥離
樹脂やパテが手や身体に付いた時もアセトンで拭いたり洗ったり
これがまた水分や油分をカッチリ奪いさってくれるスグレモノ
効きは文句ない・・・んだけど

おかげで手がガサガサ
ハンドクリーム塗ると製作物に油分が移って作業に支障
だからって放置すると指の腹が片っ端からヒビ割れ

まぁ血も滲むしほっといても痛いのに
そこに溶剤がしみると更に激痛
でも使わないワケにはいかず
ヒビ日々叫びながら仕事

アトリエのそばに来た人が聞いたら驚くと思うよ
「ギャー」とか「イテー」とか
独りなのに


テーピング巻こうが絆創膏貼ろうが
溶剤の前には無力
糊分だけじゃなくて丸ごと溶けてくもんね
さすが「溶」剤

肌が乾燥してるとすぐ切れたり裂けたり
多いのが爪の下のトコがパックリ
広がらないように瞬間接着剤で留めてみたりするんだけど
これもアセトンでサヨウナラ

瞬間接着剤の「剥がし剤」って成分がアセトンだったよね確か

週末とか連休なんかはクリーム塗りたくってガーゼ巻いて
できるだけ保湿
邪魔だけど寝る時も

その晩だけ良くなっても翌日またヒビ割れ
よく見りゃ何層下の皮膚にまでヒビが到達

治りかけは痒いんだよねコレがまた


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

ガーゼ止めるのにテーピング使ってるんだけど
ドラッグストアとかで買うとあまり安くないじゃない
この前100均で見つけたんで買ってみた
幅も厚みも巻き数も同等
でも値段数分の1


使い勝手もあまり変わらないんで「お得?」と思ってたら
なんと水に弱い
手を洗うと糊が負けてハラハラと剥がれ
戻したカンピョウみたいダラーンとなって粘着力もゼロ
値段の差はココにあったのか、と思いつつも糊の特性が面白いなぁと笑った
すぐ剥がしたい時には便利この上ないが

なんかに使えないかなぁ

石膏包帯や樹脂包帯もオモシロイよねぇ

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


この時期はカーボンクロス貼る時が緊張

普段も目をキレイに揃えるために細心の注意を払うんだけど
アカギレのヒビが織り目に引っかかって大変
台無しになっちゃたまらない
手袋とか指サックじゃ貼れないしなー


なんかイイ方法ご存知ないですか?
またはイイ保湿剤とかー

0 件のコメント: