2013/07/03

182:いいじゃんコレ 【KTM DUKE125】

夕方撮ったから暗い


黒になると雰囲気が違う♪

・・・

ゼッケンベースをイジってみた
適当な形に抜いたがずいぶん引き締まった感じしない?
照射範囲は狭くなるだろうがライトが暗いって話のパワーパーツのマスクと比べるとどうなんだろ










アンダーカウルにオレンジとか白が入ると違うんだろうな
塗り分けのセンスはないので誰かに期待







見切れないように撮るんだがミラーの存在感デカ過ぎないか?

フェンダーレスとかハンドガード付けてる車両とかに載せてみたいねぇ










:::::::::

さて、各パーツの詳細

レース用?ストリート用?いろいろ
写真多・説明長めですがお付き合いくださいな

名称も仮

FRP製ゲルコート仕上げ
各パーツの裏側は撮影のため艶消し黒の缶スプレー
製品版は未塗装の予定


・・・

まずはフロントマスク(予価 15,000円/ライト穴無し)


ヘッドライトの上から被せられるように製作
走行会なんかでテーピングの代わりにどうぞ

ライトユニット抜いても付けられるようになってる

重さはこんな感じ

まぁ作るたびに上下するハズなので参考値で

最深部?のカウル側にナットリベットを打てばボルト留め
穴開けるのイヤならタイラップ

この写真ではマスク側も手付かず
タイラップ用の穴を2ヶ所開けての出荷が無難かしらねぇ




 
上記写真の通り下側を固定してないのでちょっと浮き気味

こんな形

角度を変えて

ライト部分くり抜いてみました例

形はなんとなく
ポジションは今回無視








横から










 

ポジション点灯

むー、光が漏れる
コネクタ抜くか?


ヘッドライト点灯

縁の裏側にスポンジテープでも入れたらいいのかな
構造上マスク側の造形ではどうにもならん









 
カッコいいじゃん

マスク装着有無での照射範囲テストはしない
明るさ求めるなら付けないほうがいいに決まってる









 
切るの手間だからあまりやりたくないし作業代も上がるけどルーバー状にしても楽しいかもしれない

明るさは知らん











続いてシングルシートカウル(予価 20,000円)


ステー付属

参考重量

ボルト(M6)はお好きなものを1本ご用意ください
首下は15mmで

フロントシート固定ボルトに共締め

タンデムグリップは同時装着不可




テールランプ外周より大きく被るのでライトユニット抜いても大丈夫

後ろ引っ掛けて前1本で固定

走行会時のテーピングの代わりに(以下略






前エントリにも書いたが伏せた時お尻が素直に下げられる形状


ピリオンシートを外した状態で平らなフタを作りゃ解決なんだけどゼッケンスペース不足という問題が浮上しこの形に

下に見える段差がライトユニットとの境

こちらも穴開けてみた

形はまたしても適当

テール点灯

ストップ点灯

コレも色が入ると雰囲気違うんだろうな














3番目 アンダーカウル兼オイルトレイ(予価 38,000円)


ステー付属

ボルトはご用意を
M6(15mm)5本

下側のステーは撮影後ちょっと形状変更

参考重量

ノーマルのアンダーカウルを止めてるボルトは長すぎて使えない



ノーマルアンダーカウルは底面で4本のボルトで留まってる(計6本って多すぎない?)

その後ろ側のステーにこの樹脂製ステーを固定
このボルトは純正から流用

3本のボルトでアンダーカウルが付く

ドレンプラグ(ゴム蓋)は底面前部に1コ付属

この取り付け用ステー、大きめに作ってあるのでクイックファスナーにできる余裕アリ
シングルシートカウルも同様



黒ver.

グラベルの砂利が良くすくえそう(え

開口部の形状は違うのもテストしたい











最後、スプロケガード(予価 10,000円)


ボルトはご用意を

このグレーの方はM5(15mm)2本
下の黒い方はM6が2本

どちらにするか決めかねてる

参考重量

上側はチェーンカバー共締め
タッピングビスね

チェーンやタイヤそのままで装着可能



大きかった?ってのは前エントリにも

少し小さくしてみた

チェーンの方はともかくスプロケがこんなに隠れてる必要はないハズなのでまだコンパクトにできるかな

この黒ver.の重量は未測定









テスト走行(てかレース本番)は今週末
不具合が出れば形状の変更は必須だしそうでなくてもオレの気まぐれで変わってくことも
毎回型取りなんてやってられないので小変更がメインのハズ

::::::::::

長すぎるほど書いたけど取り付けマニュアルも兼ねた感じ
これらを難しいと思われるならショップさんでの取り付けをオススメ

大手さんに比べると割高でしょうが独りの超少量生産なのでどうにもならない
大排気量でも小さくても製作の手間は変わらないし使う材料の量も同じ
薄利多売できるほど力ないしねウチ

そもそも他から出ないのは純正パワーパーツがお安めで存在してるって事と作っても数が見込めないってトコだと思うのですオレ

オイルトレイになります、って言ってもそれが必須なレギュレーションのレースに何台出る?
スプロケガードだって同様
もちろんストリートで付けても可

・・・

先代690DUKE用はもっと割高
ほぼワンオフだったし

・・・

エラそうなスタンスだけどサーキットや街中で1台でも多く装着車が走ってくれたらホントにウレシイ

このまま変更なければ今月半ばには販売開始できるかと
問い合わせやご注文待ってます~

0 件のコメント: